8月 302013
 

どうしてしまったんだろうな~「フジテレビ」。

出演者を「コストコ」役員のご子息として、経歴を詐称したり、「藤岡弘」さんを、自称「現在の侍」として怒らせてしまったり、「世界柔道」を中継すれば、決勝戦の途中でCMに切り替わる失態を演じてみたり、もう広報部はやりきれないよな・・・。

低迷を続ける「あげるテレビ」は、9月で打ち切りの噂だし、ゴールデン進出後わずか4か月で、「ピカルの定理」は打ち切り。

「とくダネ!」や「笑っていいとも」は、他局に後塵を拝し、「27時間テレビ」では、冒頭、マツコ・デラックスから「フジテレビ、相当嫌われてるよ!」と言われてしまう。

ドラマでは、「ショムニ2013」や「救命病棟」など、好評だった続編を並べてみたが、いまや失速状態。

90年代、「軽チャー路線」を提唱し、「楽しくなければTVじゃない」と新しいことに挑戦し、輝いていた「フジテレビ」の姿はどこにもない。

どうしても、悪い話題ばかりが目立ってしまう「フジテレビ」。

「踊る大捜査線」のようなヒットシリーズがあればいいのだが、意外と「アウト×デラックス」のような番組が起爆剤なのかもしれない・・・。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)