11月 272012
 

勢いは週刊朝日騒動までだったな~。

相思相愛だった石原慎太郎と合流し、その陰で河村市長を追いやったのが、すべての見誤りの始まりだった。

残念ながら、石原慎太郎の庶民人気など、国政単位で考えるとたかが知れており、まだ都知事だったからその神通力もあったのだが・・・。

石原氏の顔色を伺ったがために、「日本維新の会」の政策がぶれ始め、そのせいで政策が一致していたはずの「みんなの党」には袖にされ、そしたら突然、「脱原発」の旗の下、「日本未来の党」が立ちあがったため、一気に存在感が色あせた。

おまけに、袖にしたはずの「減税日本」は渡りに渡って、「未来の党」に合流しちゃうし、ずっと沈黙を守り続けた小沢一郎の役者ぶりの方が、一躍脚光を浴びそうだ。

さあ、どうする「橋下徹」。起死回生の一発はあるのか。

これまで府知事、市長と絶えず攻め続け、いかんなく発揮できたパワーを、今回初めて守勢に回って、どう打ってでるのか、我然楽しみになってきた。

それにしても、現在、全国遊説中の橋下市長。大阪市長としての職務はどうなっているのか?有休とってるのかな~?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)