12月 242013
 

今回は、ソチ五輪代表決定ということで、大盛り上がりだった「全日本選手権」。

引退をかけた安藤美姫選手の出場といい、浅田真央選手の2回のトリプルアクセルへの挑戦といい、極限に挑む選手達には、心打たれた。

ただ、大会終了後の先行に関しては、疑問が残る。

今回の焦点となったのは、男子の3枠めが、高橋大輔選手なのか小塚崇彦選手なのかだが、実績と世界ランクから今回5位と敗れた高橋選手が選出された。

小塚選手の内心は忸怩たるものがあるだろう・・・。

アメリカのように、一発勝負3位までとならないところが日本人らしい曖昧さを残すことになるのだが、今回浅田選手が10位であっても、連盟としては選ばざるを得ないジレンマがあっただろう。

ならば、あらかじめ大会前に高橋選手と浅田選手には内定を与える措置があってもいいように思うのだが、大会を興行的もしくはスポンサーを考慮した視聴率という観点からみれば、それもできなかったという訳か・・・。

結局は、今回の先行の是非は、ソチ五輪本番の結果でしか量れないということか・・・!

 Posted by at 9:29 AM