3月 182013
 

戦前の評価から考えると、今回の「山本JAPAN」は、むしろよく頑張ったといえるのではないか。

キューバには敗れたものの、台湾にも勝利し、オランダには2度撃破し、ベスト4進出も決めたのだから。

プエルトリコ戦だって、力負けした訳でもなく、ひとつ歯車が噛み合ってさえいれば、勝利していたはず・・・。

ただ、だからこそ、過去2回との違いはどこにあったのか?と考えてみる。

国同士のプライドを賭けた戦いには必要な、選手の中の絶対的な柱となる存在が、今回は見当たらなかったということに尽きるような気がする。

たとえば、第1回は、「王監督を男にする!」発言通り、日米野球界でも名の知られたカリスマとしての王貞治氏である。

第2回は、不振を極めたイチロー選手をなんとか盛りたてようと周りの選手がひとつになった。

そして今回、本来ならば阿部選手がその役割を担うはずだったが、ジャイアンツの柱にはなれても、日本代表には、少し荷が重かった。

王監督もイチロー選手も、遠い世界に存在するカリスマで、阿部選手は、普段、ペナントレースを戦う相手なのだから。

もし、今回、せめて「ダルビッシュ」がいたら、今日の試合はまったく違うものになっていたような気がしてならない・・・。

P.S 野球経験者ではないのでわからないが、サインで「ダブルスチールできるなら、やってもいいよ。」という、サインは存在するのだろうか・・・?

 Posted by at 7:08 PM