10月 202010
 

役者として、俳優としての「二宮和也」の存在感は図抜けていると思う。

それは、演じているときより、むしろナレーションとしてはいる「独白」に表現される。

声の表情だけで、その風景を決定させる力を持っている役者などそうそういない・・・。

「フリーター、家を買う。」の初回は、重いテーマではあるが久々に見応えのある

ドラマらしい作りは、次回以降に期待してしまう。

P.S 何気に久しぶりに見る母親役「浅野温子」がいい。

10月 192010
 

昨夜は、ドイツのオーケストラの公演を観に出かけた。

会場に着くと、どうも様子がおかしい。

ロビーは、ホテルのブュッフェのような状況でシェフがいて、ワインがふるまわれ、

入口ではお土産まで用意されている。いまどき珍しいバブリーな公演だと思いながら、

「なるほど、今日は招待客のみのコンサートなんだ。」と思い

チケットを受け取るためカウンターに行くと、

受付にいるはずの招聘会社の人が見当たらず、

会社名と名前を告げると、どうもチケットが用意されていない。

憮然として待っていると、あわてて座席が手書きで書かれたものが用意された。

少し憤りながら、会場に入ろうとチケットを何気なく見てみると、

そこにあったのは、オーケストラの名前ではなく、名も知らぬパーティーの名前が書かれていた。

ここではじめて、「やっちまった~!!!」と気づく・・・。

あわててチケットを返し、平謝りしながら本来の会場であるサントリーホールへ・・・。

受付の人も私があまりに堂々とした態度でいたので、あわてて用意してくれたのだろうが、

思い込みの力ってすごい・・・。

 Posted by at 9:00 AM
10月 182010
 

プロ野球シーズンも佳境を迎え、セパ両リーグともクライマックスシリーズ突入で

盛り上がっていいはずなのに、セパ両リーグともテレビ局は地上波ではなくCSで放送。

伝統の巨人・阪神戦でさえ、視聴率がとれないとみるとCS行きの非情さに

徳光さんが朝のテレビで激昂している気持ちはわからなくもない。

「テレビ局がいままでどれだけ伝統の一戦に稼がせてもらったのかを思い出してほしい。」との訴えは

確かに的を得ているような気がする。

ただ、もう一方で6チーム中、2・3位の戦いって必要なのか?とも思うのだが・・・。

 Posted by at 9:16 AM
10月 142010
 

以前の同僚からの頼まれ仕事で、

4年前まで勤めていた職場で作業することに・・・。

机を借りパソコン作業しながら、なんだか懐かしい感覚に陥る。

さすがに16年も勤めた会社なので、喫煙室や自販機など慣れたものだが、

新しいメンバーも増え、不思議な気分だ。

前の上司とお茶したり、仕事しながらの無駄話と悪くないな~と思いながら、

でも、4年前よりみんなの表情が少し重いのは気のせいだろうか・・・?

 Posted by at 7:46 AM
10月 122010
 

昨日は、次女の運動会。

5年生の娘は、メイン種目の「組体操」のため、1か月前から日々「逆立ち」の練習。

最初は、まったく上がらなかった足が徐々に持ち上げられるように・・・。

最近では7割方成功するようになった。

さて本番。支える子どもの背が低いからか、緊張でうまく足があがらなかったのか、

残念ながら失敗。テレビのようには感動的な成功とはならなくても、

毎日、練習したことは無にならないはず・・・。

その夜、来年に向けて練習すると言いだした娘は、

誰の補助もなく、「壁倒立」ができた。

 Posted by at 3:59 PM