9月 142013
 

とてもかなわないと思っていた「ショムニ2013」との水10の戦いに、最終回はダブルスコアに近い16.4%。

まず、坂元裕二のオリジナル脚本が完璧で、その脚本に忠実にこだわった演出チームも素晴らしく、

その映像は、まるで映画のような色彩だった。

キャストも実力派ぞろいで、中でも押さえた演技の「田中裕子」は秀逸だった。

展開を急がず、ゆったりと流れるセリフひとつひとつに意味があって、本当によくできたドラマだった。

すべてをこのレベルにするには、手間と暇と時間がかかり過ぎるし、

まず、圧倒的に力量のある脚本家が少ない実情は、なんともし難い。

せめて、1クールで放映される各局の連続ドラマのうち、1本でもこういうドラマを作ってもらいたいと、切に願う・・・。

P.S どうして、タイトルが「Family」や「Mother」ではなく「Woman」だったのだろう・・・?

E382A6E383BCE3839EE383B3

 Posted by at 10:03 AM  Tagged with:
9月 112013
 

今夜は、残念ながら最終回を迎える、ドラマ「Woman」。はじめから、終わりまで涙が乾くことのない回になりそう。

坂元脚本のひとつ、ひとつのさりげないセリフの素晴らしさ、

田中裕子、満島ひかりなど主役級から脇役ひとりひとりに至るまでのしっかりとした演技のほか、

日本テレビ「Mother」チームからなる、きめ細かい演出と小道具に、心奪われてしまう。

竹輪チャーハン、オリジナル絵本「ウーギークック」、主人公の好きな「梨」や「将棋」 etc.

なんてことはないシーンなのに、心に響いてしまうのは、そういう細かい伏線が上手に張り巡らされているからだろう・・・。

30%ドラマ「半沢直樹」にも同じことが言えるのだが、今クールのドラマ、脚本、キャストだけではなく、

細部にまでこだわり、丹念に撮った監督・スタッフの執念の勝利だった。

 Posted by at 4:59 PM  Tagged with:
8月 222013
 

「Woman」を観ていると、演技がうまいとはどういうことかを考えさせられる。

例えば、「笑う」という行為の中には、場面場面に応じて、

・面白くてお腹を抱えて笑う

・幸福感に満ちて微笑む

・相手に同調して無理に笑ってみせる

・相手を蔑むように嘲笑する  ・・・etc.

が、きちっと使い分けることができる。

セリフはなくても、その表情だけで哀しいと感じさせたり、楽しくさせてくれたり、今回、主演の「満島ひかり」や母親役の「田中裕子」を観ていると、その凄さに感嘆する。

と同時に、どんなに優れた脚本も演技の未熟な役者や演技経験のないタレントが演じると、恐ろしい結果に。

キャスティングが、作品を左右してしまう・・・。

 Posted by at 2:38 PM  Tagged with:
7月 252013
 

2週間前、胸が苦しくなるドラマとして紹介した「Woman」は、回を重ねるたび、胸が締め付けられ、かきむしられるドラマに変貌している。

「もうこれ以上、不幸なことが起こらないでくれ~!」と祈ってしまう。

以前から、薄幸な少女役がはまり役だった「満島ひかり」は、より薄幸な母親役として、坂元脚本は追い込んでいく。

主人公と同様に、2人の子持ちの私としては、母親、父親が揃っていてさえ、大変な子育てである。

先日のある番組で、東進スクールで人気の林修先生が、「核家族とは、人類史上発の出来事で、これまでは一族として、子育ては祖父母を入れた8本の手で、支えるのが当たり前のことであった。」と話していたが、

こと、シングルマザーに至っては、たった2本のかぼそい手しかないのだから・・・。(政治家こそ、観るべき番組なのでは・・・?)

さあ、この後、母が病に倒れてしまうとしたら、このドラマを観続ける自信を失くしてしまいそうである。

P.S 「Woman」は視聴率ではかなわないと思っていた同時間帯の「ショムニ」を今回初めて追い抜いてしまった。

 Posted by at 12:17 PM  Tagged with:
7月 122013
 

「Mather」「それでも、生きてゆく」「最高の離婚」とテレビ脚本家として、

話題作を出し続ける「坂元裕二」の最新作が、シングルマザーの生活を描く「Woman」だ。

今や、脚本家の名前だけで見続けるのは、坂元作品だけだが、今回の作品は、あまりに切ない。

まだ、2話が終わったばかりなのだが、切なすぎてもう観るのをやめたくなるほどだ。

これでもか、これでもかと主演の「満島ひかり」の家族に襲いかかる不幸な出来事から、

いつになったら救われるのか?

周りをとりまく、小林薫、田中裕子などの役者陣が達者すぎて奥深い。

果たして、最終話まで耐えられるのか?今から、心配になってくる。

きっと、視聴率は「ショムニ2」に持っていかれちゃうんだろうが、10年後も心に残る作品に、仕上げてほしいものだ・・・。

woman2

 Posted by at 6:27 PM  Tagged with: