4月 292010
 

全世界で7000万枚以上を売り上げ、1ステージ2億円とも言われる世界最高のアーティスト「アンドレア・ボチェッリ」。

武道館一夜だけのコンサートにミラノから自家用ジェットで駆けつけ、

夜は上海万博のオープニングのため飛び立つなど、スケールが違う。

なのに、その歌声は限りなく優しく柔らかく暖かい。

テノール歌手というより、宣教師の語りのようだ。

ゲストで共演した「葉加瀬太郎」が、信者のようによりそう。

珠玉はオーストラリアの新星「デルタ・グッドレム」との共演。

アンコールの「PLAYER]「好きにならずにいられない」の2曲で

高額チケットの元は取れたはず。

できるなら、生声をサントリー・ホールで聴きたい。10万円チケットになってしまうが・・・。

ANDREA_BOCELLI_002_S

4月 222010
 

今日の「サンスポ」に来週公演のアンドレア・ボチェッリのコンサートに葉加瀬太郎が

急遽ゲスト出演が決まったことが掲載された。

日本が誇るヴァイオリニストの葉加瀬さんが、ボチェッリとの共演でどういうパフォーマンスを

見せてくれるのかが楽しみなところだ。

201004221144000

昨日は、このやりとりに忙殺され、疲れ果てたが、こうして記事を手にとってみると、何だか感慨深いものがある。

数年前までは新聞社に在籍していたので、新聞に記事が載ることには鈍感だったのが、

こうして部外者となって新聞を読むと、その意味合いの大きさに愕然とする。

社内にいるときに、この重みに気付いていたなら、もう少し偉くなれてたかな・・・?

などと思ってみたりもする。

2月 012010
 

今日の第52回グラミー賞授賞式。マイケル・ジャクソンのトリビュートも話題だが、

アンドレア・ボチェッリがパフォーマンスで出演し、

メアリーJ.ブライジとハイチ地震救済基金呼びかけのために、

サイモン&ガーファンクルの名曲「明日に架ける橋」をデュエットすることが決まった。

今年は「明日に架ける橋」がグラミー賞三冠(最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞)獲得から

ちょうど40年にあたるため、この記念の年にグラミーではこの曲をトリビュートし、

先日の大規模な地震で被災したハイチを支援するために捧げられるということです。

日本時間では今日の午後1時から、どんなパフォーマンスになるのかは、

「WOWOW」もしくは「InteFM」で・・・。

なお、ボチェッリの日本公演の情報は、アンプラグドHP(http://www.un-plugged.jp/)で。

1月 192010
 

今春、4月に来日公演がきまったテノール歌手「アンドレア・ボチェッリ」。

その魅惑の歌声は、クラシック界にとどまらず全世界の音楽ファンを魅了する。

「神の歌声」と称される来日公演は、4月28日。

しかも一夜限りの日本武道館となれば、期待大である。

詳細については、弊社HPにて近日発表、乞うご期待ください。

andrea_bocelli_01