3月 282019
 

高2の夏、「さだまさし」に出会う。

その詩の繊細さ、鋭さが、まだ大人になり切れなかった私の心に突き刺さった。

いま、考えても、とても大きな出来事だったと思う。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)