5月 132014
 

70年代、80年代、90年代、2000年代とそれぞれの年代でシングルチャート1位を取ったアーティストは、

「中島みゆき」だけだ。

その歌の世界観、歌うことの表現力、詩的で、ドラマティックな歌詞、独特な歌唱法など、どれをとっても、唯一無二の存在。

「中島みゆき2世」だとか「ポスト中島みゆき」など語られたこともないほど、孤高な存在感は、

他の大物アーティストとも一線を画す。

先日、再放送された「オール中島みゆきナイト」を観ながら、改めてその偉大さには敬服するしかない。

10代後半~20代前半の多感な時期に「中島みゆき」の音楽と出会えたことは、幸せな時代に生まれたということだ。

2010年代のシングルチャート1位に輝く名曲の登場に期待したい・・・。

PDVD_019-ff7d2-thumbnail2

 Posted by at 2:27 PM

  One Response to “「中島みゆき」という存在・・・。”

  1. とてつもなく大きな大河のような「時代」の流れを歌い、ことだまで語り続ける孤高の「歌姫」

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)