6月 302013
 

少し~、親バカ話に付き合ってもらうと、

高2の長女は、イラストが得意で、イラストだけでなく、字体、コピー含めて、ポップなトータルデザインが上手い。

友達の誕生日などにはよく、色紙をプレゼントし、喜ばれている。

誰に学んだ訳でも、勉強した訳でもないのに、書けてしまうことにいつも驚かされる。

親としては、その「才能」を何かに生かさないものか?と考えるのだが、娘には楽しみでやっているだけで、職業にする意識はまったくないらしい。

将来の夢は、保育士と決めている娘は、きっと、子ども達の誕生会のプレゼントには、いかんなく、その才能をはっきするのであろう・・・。

とても、賢明な選択とは思うが、なんと、欲のないことだ~(笑)

__

 Posted by at 5:45 PM

  One Response to “「才能」というもの・・・。”

  1. 確かに職業にするとクライアントの要望とか制限とかが色々入って来たりして思ったことを楽しく表現出来なくなったりする可能性はあるよね~(^_^;) 娘さんの良さは自由にこのまま描きたい時に描きたい物を描きたいように描いてくのが一番いいのかもしれないね~ヽ(^。^)ノ これからもこの素晴らしくいい感性を自由に羽ばたかせてあげておいてね~ヽ(^。^)ノ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)