3月 302013
 

私の学生時代は、まさに小林克也氏の「ベストヒットUSA」とともにあった。

上京し歌謡曲やニューミュージックから、洋楽を聞き始めた頃は、大人になった気分だった。

久しぶりに、その感覚を呼び起こしてくれた番組が、先日、BSプレミアムで放送された「日本人の愛した洋楽アーティストベスト50」だった。

懐かしいライブ映像とともに、カウントダウン方式で発表、それぞれのアーティストに対する思い入れをタレント達が話し、クリス・ペプラーがJ-WAVEのように解説していく。

第50位のドゥービー・ブラザースからはじまり、伝説のバンドのフー、ディープ・パープル、レッド・ツェッぺリンや今は亡き、マイケル・ジャクソン、ホィットニー・ヒューストン、カレン・カーペンターなど、感涙もののオンパレードでした。

個人的には、ストーンズが10位と意外に低く、ブルース・スプリングスティーンやマライヤ・キャリーがランクインしていなかったのが、不思議だった。

だれもが1位と予想するであろう、ビートルズが3位で、クイーンが1位に輝いてことも、いかにも洋楽ファンという感じがして面白かった。

 Posted by at 10:14 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)