3月 212011
 

今回の震災で被災し、不便な避難所暮らしが1週間を過ぎ、寒さと空腹の中にもかかわらず、

支援物資の配給にきちっと並び、スーパーやコンビニで略奪したりはしない。

一日一食しか配給でいない避難所では、老人たちが若者に自分の分の食事を分け与える。

福島原発の処理のため派遣された、東京消防庁のレスキュー部隊。

命の危険を顧みず、放射能が降り注ぐ中放水のためのホースをつなぐ。

震災以来一度も家に帰れないある自衛官は、妻からの「あまり無理しないで。」のメールに

「こんなときに無理しないで、いつ無理するんだ。」と返信する。

日本人であることを誇りに思い、逆境の日本人は凄いんだ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)