1月 252015
 

甲子園常連校の出身者には、理解できないかもしれないが、

我が母校「桐蔭高校」が21世紀枠ではあっても、春の選抜出場を決めた。

都心の学校に比べれば、高校数が圧倒的に少ない和歌山県でも、

甲子園に手が届きそうで、簑島・智弁和歌山など強豪校に希望を断たれてきた。

そして、高校卒業して34年の今年、晴れて出場となったことは、現役の選手のみならず、

監督・OB含め関係者の長年の尽力の賜物なのだろう~!

サッカーの日本代表、テニスの錦織選手、フィギュアの羽生選手など、さまざまなスポーツで活躍している

アスリートも多いが、やはり高校スポーツ界の頂点が「高校野球」なのは否定のしようがない。

3月の開幕が、今から楽しみだ。

 Posted by at 7:51 PM