8月 302013
 

どうしてしまったんだろうな~「フジテレビ」。

出演者を「コストコ」役員のご子息として、経歴を詐称したり、「藤岡弘」さんを、自称「現在の侍」として怒らせてしまったり、「世界柔道」を中継すれば、決勝戦の途中でCMに切り替わる失態を演じてみたり、もう広報部はやりきれないよな・・・。

低迷を続ける「あげるテレビ」は、9月で打ち切りの噂だし、ゴールデン進出後わずか4か月で、「ピカルの定理」は打ち切り。

「とくダネ!」や「笑っていいとも」は、他局に後塵を拝し、「27時間テレビ」では、冒頭、マツコ・デラックスから「フジテレビ、相当嫌われてるよ!」と言われてしまう。

ドラマでは、「ショムニ2013」や「救命病棟」など、好評だった続編を並べてみたが、いまや失速状態。

90年代、「軽チャー路線」を提唱し、「楽しくなければTVじゃない」と新しいことに挑戦し、輝いていた「フジテレビ」の姿はどこにもない。

どうしても、悪い話題ばかりが目立ってしまう「フジテレビ」。

「踊る大捜査線」のようなヒットシリーズがあればいいのだが、意外と「アウト×デラックス」のような番組が起爆剤なのかもしれない・・・。

8月 272013
 

クラシックホールの殿堂に、熱狂という言葉は、少し違和感があるが、

先週24日に開催された「沖仁コンサートスタイル フラメンコギター2013」は、渡辺香津美氏との2人の天才ギターリストの競演であった。

沖さんと弊社との付き合いは、2011年以来、3年になるが、先日の公演は、観ていて震えるような緊張感と、迸るような激しさがミックスされた、素晴らしい公演だった。

沖さんの個人ブログ「沖仁日記」の中でも、公演にふれて、

「いや~~すっごい良いライブだったな~。

て、自分で言うのも変なんだけど、

なんて言うか、

自分史に残るようなライブだったなあ。

坂を上って、一つ上り切って、景色が一気に広がったような・・・。」(一部抜粋)とあるように、

会場は、伝説のコンサートに立ち会えたという陶酔感に浸っていたように思う。

P.S アンコールでの「玉置浩二」さんの飛び入り出演という、大きなおまけ付きでもあった・・・。

 Posted by at 6:03 PM
8月 242013
 

突然連絡があり、30数年ぶりに東京在住の高校の同級生が8人集まった。

同級生って不思議なもので、当時の先生や故郷の話題などしていると、あっという間にみんな高校生に戻る。

面白かったのは、みんな50代に差し掛かり、子育てにもひと段落し、仕事も落ち着き、自分の人生の結びに入る頃だということ。

8人のうち、4人は大手銀行、証券、生保で管理職を務め、私も含め残り4人はそれぞれの道で、自分のポジションを模索している。

ある者は、仕事を早期退職し、趣味のつりで生計を立てると話し、ある者は、今もなお東大医学部を卒業し、そのまま東大で研究を続けている。

がむしゃらに生きた30代~40代から、ある意味余裕もでき、しかし先も見え始めた50代。

同郷、同年代ならではの思いの交錯した同窓会であった・・・。

 Posted by at 10:28 AM
8月 222013
 

「Woman」を観ていると、演技がうまいとはどういうことかを考えさせられる。

例えば、「笑う」という行為の中には、場面場面に応じて、

・面白くてお腹を抱えて笑う

・幸福感に満ちて微笑む

・相手に同調して無理に笑ってみせる

・相手を蔑むように嘲笑する  ・・・etc.

が、きちっと使い分けることができる。

セリフはなくても、その表情だけで哀しいと感じさせたり、楽しくさせてくれたり、今回、主演の「満島ひかり」や母親役の「田中裕子」を観ていると、その凄さに感嘆する。

と同時に、どんなに優れた脚本も演技の未熟な役者や演技経験のないタレントが演じると、恐ろしい結果に。

キャスティングが、作品を左右してしまう・・・。

 Posted by at 2:38 PM  Tagged with:
8月 212013
 

フジテレビで放送中の「ワールドバレーボールグランプリ」。

我が家は、私を除けば全員バレーボール経験者で、妻と次女は現役でもあるので、バレーボール中継は欠かせない。

サッカーと違い時間制ではないので、限られた放送枠の中で録画中継なのは我慢できる。

それでも、先日のチェコ戦には驚かされた。日本優勢のまま、タイムアウトでCM入りしたにもかかわらず、CMあけでは、なぜかそのセットは逆転され、チェコが取っていた。

観ようによっては、CMが入ったら、次はどうなっているのかがドキドキの展開(?)に・・・。

せめて、限られた放送枠で完全放映が無理ならば、例えば前半はダイジェストで流し、後半は、試合の流れをきちっと放送するなり、プロ野球中継のように、試合開始に合わせてLIVE中継し、放送時間内だけ中継するとかにすればいいのに・・・。

バレーボールのルール自体、テレビ中継に合わせて、ラリーポイント制を導入し、8点と16点で強制的に作戦タイムがかかるように変更された経緯があるにも関わらず、こんなやりきれない放送を見せられるとは驚きだ。

それでも、放送くれるだけでも有り難いと思っているバレーボールファンは大人しく従順なので、きっと文句は言わないんだろうな・・・。

 Posted by at 9:37 AM