12月 292012
 

昔は、もっと面白かったよな~「ものまね紅白歌合戦」。いまや、もう時代遅れ感、満載になってしまいましたね~。

「ものまね四天王」なんて知ってる人は、40代以上だろうし、コロッケもビージーフォーもいなんだし、

タレント審査員に気を使われる、栗貫さんや清水アキラさんが切なすぎる。

そもそも、今年のCDシングルベスト20が、すべてAKBとジャニーズ関連の時代には、

ものまねの懐メロ化は仕方ないのかも。

うちの娘たちの知ってる曲は皆無で、チャンネルを変えるしかないよな~。

本来、王道の音楽番組が成立してこその、ものまね番組なのだから、今の時代、厳しいのは仕方ない。

ただ、某2世タレントが、「ずっと尾崎豊にあこがれていて。」というコメント、

「それなら、ものまねじゃなく、ロック目指せよ!」て言いたかったけど・・・。

 Posted by at 10:44 AM
12月 252012
 

今日、2012年12月25日は、弊社「アンプラグド」が起ち上げてから、5年目の記念日です。

16年勤めた新聞社を退社し、設立した会社が、何とか6年目を迎えることができます。

この5年間、さまざまな紆余曲折もありましたが、幸運にも、「ジュゼッペ・サッバティーニ」や2年前に亡くなった故「ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ」のリサイタル、3大テノールの一人「ホセ・カレーラス」の上海イベント、世界的テナー歌手「アンドレア・ボッチャッリ」やタヒチアンダンス「タマリキ・ポエラニ」の日本公演、バウハウス展・伊勢神宮展などの展覧会、白石加代子さんのひとり芝居「源氏物語」、フラメンコギター「沖仁」さんのリサイタルと一流のエンターテイメントの世界の方々と仕事ができました。

10年目に向けて、一歩ずつ、大好きなアーティスト&スタッフの皆さんと歩めるよう、精進してまいりたいと思います。

お世話になった皆様方には、もう一度厚き御礼を申し上げます。

 Posted by at 9:44 AM
12月 242012
 

昨日は、末娘のバレー大会で、部員の保護者が学校の家庭科室に集まり、

昼食用のカレーと豚汁40人分を作りました。

日頃、家ではよく作っていたのですが、40人分となると、さすがに不安でしたが、

5kgの米、9個の玉ねぎ、ルー8箱、にんじん、じゃがいも、お肉をしっかり煮込み、

なんとか美味しく仕上がりました。

昼食作りが終わった後は、応援団として試合会場へ、試合には負けてしまいましたが、

食欲では負けてません~。

IMG_20121223_102253

 Posted by at 4:40 PM
12月 212012
 

渋谷・ユーロスペースで、上映されたドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」。

20年も前に撮られた映画が、今回再上映されたのだが、阿賀野川の自然と共に素朴に生きる映像は、

古き良き「日本」を感じさせるに十分な味わい深い作品でした。

独特な方法のサケ漁の名人や元舟大工の棟梁、きめの細かい餅つき名人など、

登場する人物すべてがいい顔してるんだな~。

スタッフ7名が3年間映画のために移り住んだ熱意が伝わってくる。

自然な老夫婦の方言交じりのやりとりが凄くいい。

なんのストーリーも存在しない淡々とした映像が心に沁みてくる。

終盤は、もう訳もわからない涙があふれて止まらなくなった・・・。

単館上映なのがもったいないと声を大にして叫びたい!

「阿賀に生きる」HP http://kasamafilm.com/aga/

224826_175066412617274_1371391468_n

 Posted by at 6:40 PM
12月 182012
 

18年間、フジテレビの音楽番組の柱だった「HEY!HEY!HEY!」の最終回にしては、残念な終わり方だった。

いくら生放送とはいえ、最終回の最後の曲が途中で切れるなんてことが起こりうるだろうか?

そもそも、生放送である必然性があったのだろうか?

生放送であるが故に、トーク部分はどうしてもゆるくなってしまうし、時間に縛られ曲優先の進行では、

ダウンタウンの良さがいかされない。

久々の「CHAMP」も、2時間に10組は多すぎるし、「HEY!~」黄金期を支えた、「宇多田ヒカル」は無理にしても、

「安室奈美恵」「福山雅治」が登場しなかったのも寂しい。

ダウンタウンの音楽番組という斬新さが、音楽シーンを引っ張ったのは、はるか昔の話で、

いつしか、雛壇芸人の懐メロ番組のようになってしまった「HEY!HEY!HEY!」。

本当は10年前に番組の使命は終えていたのかもしれない。

 Posted by at 4:05 PM