9月 112012
 

T0008287p

先日、テレビで「アウトレイジ」を観た。

初期の北野作品を何本か観て、失望したため、それ以来遠ざけていたのだが、

「アウトレイジ」は、飽きることなくのめり込んだ。

作品を流れるテンポの良さ、余計なストーリーは一切排除した潔さ、そして、

真正面から、暴力の持つ残酷さと哀しさを捉えた勇気に今さらながら大喝采だ。

これを、但し書き付きとはいえ、このご時世に民放ゴールデンで放映するテレビ東京の蛮勇にも、

次回作のプロモーションとはいえ覚悟を感じた。

きっと他の民放には、真似できないと思う。(昔は、テレビで「仁義なき戦い」とかやってたけど・・・)

それにしても、いい役者こんなに殺してしまって、

次回作のキャスティングには困らなかったのか?と余計な心配してしまいました。

 Posted by at 10:35 AM