9月 042012
 

昨年から始めた、ランニング。

昨年は、ハーフがせいぜいだったが、今年はもう少し距離を伸ばそうと、東京マラソンに応募した。

思い起こせば、第1回大会は主催者側のスタッフとして、応援旗の配布に駆り出された。

雪のそぼふる寒い日だったが、沿道にはたくさんの応援する人の群れ。

こんな寒い日に、42kmを走ろうとする気持ちがまったく理解できなかったものだ。

とはいえ、そういう自分が応募するようになるのだから、人生まだまだわかりませんね~。

1/10の確率に、まずは神頼みしかない!