9月 022012
 

「踊る大捜査線」の映画の公開を前に、TVバージョンの最後の作品を放映した心意気は買う。

水曜の連ドラからひっそりとスタートした「踊る~」は、TVの枠から飛び出し、

映画でも大ヒットを重ね、フジテレビのドル箱に成長した。いや、成長しすぎた・・・。

それが、昨夜のスペシャル番組となった。

周りのスタッフの妙な気遣いが、手に取るようにわかり、心拍音さえ聞こえてきそうだ。

最後の映画を前に、失敗する訳にもいかず、予算は映画ほど取れず、

出演者には気持ちよく演じてもらわないといけない。

あ~、そんなに無理して番組作る必要があったのかね~。

一番、大切にしなきゃいけない視聴者に対する期待を見事に裏切った形。

新しい刑事ドラマとして、軽妙で洒脱だったはずが、

10年以上の年月で、いろんな物を背負わされてしまいましたね。

 Posted by at 9:41 AM