3月 022011
 

博物館としても、美術館としても日本の建造物とはスケールが違う。

10年ほど前に行った時も一日中、観て回っても半分も観られないほどだ。

現在「Celebration of Chagall」と題したシャガールの展覧会が開催されている。

日本からも100点を超える名作の数々が海を渡り台湾へ。

重厚な中国文化の殿堂で、色の魔術師「シャガール」の名作はどう観られるのか?

興味深いところである(~5/29まで。)

 Posted by at 10:49 PM