10月 272010
 

“Life is song”とでも言うべきなのか、スーザン・オズボーン来日公演が、昨夜、王子ホールで開催された。

susan_osborn_01_thumb

その堂々たる体躯の奥底から響き渡るような歌声は、オペラ歌手にも引けをとらない。

「赤とんぼ」「ふるさと」「さとうきび畑」など日本人にはなじみ深い楽曲に、

本人が訳詞をつけ歌いあげるのも、とても味わい深いものだった。

とくに、「アメージング・プレイス」は圧巻で、あんな凄い「アメージング・プレイス」は聞いたことがない。

流行りのヒーリング・ミュージックや癒しなどとは一線を画す、荘厳でかつ愛のこもった歌声だった。

できることなら、もっと広い会場でオーケストラをバックに歌いあげるスーザンを観たい。

 Posted by at 8:56 AM