8月 092010
 

放送されてから3~4年が経つのだろうかNHKドラマ「ハゲタカ」の再放送を観た。

こういうきちんとしたドラマを観ると、テレビという存在を見直してしまう。

面白かったのは、「ハゲタカ」と言われる外資系ファンドが

日本中を闊歩したいた時代がかつてあったということ。

ちょうど、その頃。ニッポン放送のTOBにライブドアが参戦し、

ホリエモンや村上ファンドの敵対的買収にマスコミが踊らされていた時代。

ホワイトナイト、バイアウトやプロシキーファイトなどの経済用語が飛び交っていた日本は、

今よりはるかにエネルギーがあった。今や日本企業のM&Aなど話題にすらならない。

世界経済は、あれからわずか数年で、リーマンショック、ドバイ・ギリシャ危機を経て、

中国の一人勝ち状態に陥る。

今や、楽天・ユニクロでは残念ながら地味過ぎてドラマにならない。

hagetaka

 Posted by at 12:18 PM