teizo

1月 042020
 

(2008年11月07日10:19)

今から12年前に、まだそのころ何もない有明の広大な空き地に
フットサルと3on3のコートを作り、
43日間連続トーナメントをするというハチャメチャ企画があった。
1億以上の協賛金をもらい、炎天下の中朝から夜まで事務局生活。
車通勤しながら、毎晩飲みあかし、車がセンターラインを越えて走ったことも
一度や二度じゃなかった。
現場には、あの頃20代~30代の夢みがちなイベント屋たちが集結し、
なんか熱く語ったのを思い出した。
実は上海の企画でその当時のメンバーと仕事をした。
先日、打ち上げを兼ねて飲みあかし、12年たって同窓会やりたいねと盛り上がった。
えらくなったやつもそうでないやつもみんなもがいてるんだろうな~。

1月 042020
 

(2008年09月24日11:57)

「パコと魔法の絵本」を家族で観ました。

ついに、日本にもこんなファンタジーな作品が作られる時代になったんですね。

不得意分野だったはずなのに・・・。

半分を過ぎたあたりからもう涙が止まりません。

中島監督は、「世にも不思議な物語」のデレクションされた時から注目していましたが・・・

中島ワールド、すごいです。

ふんだんに宣伝費をつぎ込むディズニーや宮崎作品にも全く引けを取らない、素晴らしすぎます

12月 132019
 

(2008年06月25日09:31)

最近じゃ珍しい裏表のないいいやつだ。
後輩からも慕われ、他社の人間からも信頼されているのに、
他人の手柄を横取りすることはもちろん、
自分の功績をアピールすることも苦手で、
ただ、ただ愚直なまでのまっすぐさは、
なかなか今の社会では認められにくい。
もう少しずる賢くていいのに、
そんな君だから、次のステップが
幸せなものであることを
願わずにはいられない・・・。

12月 132019
 

(2008年06月19日09:54)

今年、源氏物語の千年紀。
ずっと前から気になっていた公演が、
ようやく成立し、関係者の顔合わせと宣伝の打合せ。
「あんたの頼みなら断る訳にはいかんだろう」と
快く引き受けてくれたH氏と
厳しい状況のなか、「どうしてもやりたい!」と
動き回ってくれたOさんに感謝しつつ、
この秋は「源氏」の世界にどっぷり浸りたい気分です。

12月 092019
 

(2008年06月16日09:39)

ずっと書いていなかったのですが、(不登校は)実はまだ完治には至っておらず、

なかなか時間がかかります。 ただ、日々少しずつ前に進んでいます。

1.私と一緒に給食を別室で食べる。

2.私との給食のあと、午後は教室で授業を受けられた。

3.給食から教室に入れるようになった。

4.楽しみがあると2時間目から登校できようになった。

とかなりステップアップしましたが、

朝から普通に登校するには、 まだまだ時間がかかりそうだ。

先日、カウンセラーの先生から、

0歳児から保育園生活だった娘は、思いのほか手のかからない子で 親として安心してみていられたのに、

「お父さんがそぼにいて、ようやく安心して甘えられる時間が彼女におとずれたんですよ。」と言われ、

知らず知らずのうちに淋しさを我慢させていたのかと思うと かなりショックを受けた。

共働き夫婦には、なかなか辛い言葉かも・・・。